銀行の借入金について

消費者金融の銀行の借入金は、50万円まで融資されることが多いです。この理由として銀行から50万円以上、そして他社の消費者金融からの借入金が100万円を超える場合は収入証明書が必要になりますので、融資限度枠として50万円までになります。もちろん申し込みをし、銀行の審査結果によっては50万円以下の融資枠になる可能性もあります。
職業が変わった、収入が増えた場合は限度枠が増えることもあります。その際は融資枠増額することを銀行に申し込むことで増えることもあります。また毎月忘れないでしっかりと返済をしていれば、50万円までなら銀行側から増枠をしませんか?というお誘いの連絡が来ることがあります。
多くの場合このケースであれば増枠が可能になりますので、一度も返済を怠らないようにしましょう。
借入金が増えれば増えるほど、その分返済額が増えていきます。返済額が多くなって返済困難にならないように気を付けなければなりません。
特に消費者金融は元本よりも利息分の支払いが重く圧し掛かることが多いですので、借りれば借りるほど元本が減らなくなります。
余裕があるときは多く返済して、早く返済を終わらせる努力が求められます。

買い物依存から27歳で500万円の借金 「自分はデキる女」と思っていた。
まずはリボ払いに手を出して、次にキャッシング、そして消費者金融というお決まりのコースです。ある消費者金融の返済のために別の消費者金融から借りてみたいな「自転車操業」を社会人になってからも続けていました。「自転車操業」をしていた頃は、借金の総額も把握してい (続きを読む)